岡山のB級グルメ&ソウルフード「えびめし」って何だ?作り方からお取り寄せまで解説【岡山県】

画像出典/CASARINE

岡山県岡山市を中心に局所的にソウルフード化している「えびめし」なる料理があります。どことなくジャンク臭ただよう不思議な食べ物。どんな料理なのでしょうか?そしてどこで食べれるの?自分で作れるの?いろいろ調べてみました。

ルーツは東京だった

ソウルフードというと、伝統と歴史を探るのが楽しかったりもしますが、意外や意外、東京渋谷区宮下のカレー店「いんでいら」の店員だった岡山県出身の出井達海という人物が、「いんでいら」の許可を得て故郷に持ち帰った料理だったのです。

出井氏が岡山市内の自身の店で提供したのが始まりで、岡山市内の喫茶店等で提供する店が増え、後に岡山県内でローカルチェーン店化し県全域にてヒットし、多くの県民が知る人気料理となったとのこと。

井出氏が社長を務める「株式会社いんでいら」がチェーン展開する「えびめしや」が有名ですが、喫茶店、ラーメン店ばかりでなく、スーパーのお惣菜でも販売されるなど、すっかり地域になじんでいます。

「えびめし」ってどんな味?

えびめしって何味なの?その疑問に岡山県民はどう答えるでしょうか。

岡山県民自身がうまく説明できないらしいのです。

レシピを確認してみたところ、デミグラスソースとウスターソースで味付けするらしいです。

ってことは、ハヤシライスにウスターソースをかけてぐちゃぐちゃにしたものをフライパンで炒めて水分を飛ばした感じなのでしょうか?

ただ「えびめし」っていうくらいですから、海老の風味が加わることでたまらない味に変身するのかもしれません。そして、錦糸卵もポイントですね。

「えびめし」の有名店

ラーメン西本

岡山市北区表町

えびめしや

岡山県内に3店舗

いろいろな「えびめし」

オムえびめし

錦糸卵を乗せるのが「えびめし」のスタンダードスタイルですが、いっそのこと卵で包んじゃえ!と誕生したのが「オムえびめし」。このスタイルで提供する店も多いようです。

コンビニのおにぎりでも「えびめし」

コンビニおにぎり版の「えびめし」。いかに地元に根付いているかがわかります。

えびめし弁当

お弁当でも「えびめし」。スーパーのお惣菜コーナーにあったという報告もあります。

自作えびめし

やはり、自宅でも食べたくなりますよね。見た目が真っ黒な不思議な料理ですが、割と簡単に作れるのです。

えびめしの作り方

Youtube動画で確認

岡山県以外の飲食店でお目にかかることはないようですので、他県の人は自分で作ってみるしかありません。

なんと「えびめしソース」が市販されていた

Youtube動画では、ハヤシライスソースとウスターソースを使っていたりしますが、これって本当の「えびめし」なの?なんて疑っている人はいませんか?

なんと「えびめしソース」は市販されているではありませんか?しかも、「えびめし」の大御所「いんでいら」の商品じゃありませんか!これは間違いない!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いんでいら えびめしソース300ml
価格:598円(税込、送料別) (2020/3/13時点)

楽天で購入

次に、こちらは、フリーズドライのエビと玉ねぎが入った完全版です。

いやあ、日本って意外と広いんですね。全然知らない食べ物が全国にあるなんて!

ますます楽しくなってきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする