エイの仲間「カスベ」は軟骨も食べられて超美味!北海道の冬の味覚

北海道や東北地方ではポピュラーな「カスベ」。煮付けや唐揚げにして食べますが、特徴は、なんといっても軟骨。

「カスベ」の正体は「エイ」。サメの仲間なので骨が柔らかく、煮付けでも唐揚げでも、コリコリとかじれるのです。

スポンサーリンク

身は脂が乗って締まっており、最高に旨い。煮付けにすると軟骨から染み出たゼラチン質により、冷やすと固まり、いわゆる「煮こごり」となります。

食用にされるカスベは、真カスベ(メガネカスベ)と水カスベ(ドブカスベ)の2種類がありますが、真カスベの方が身がしっかりしていて美味しいとされています。

筆者が住む北海道では、冬期間、「カスベ」は、比較的長い間スーパーの魚売り場に並びます。

おそらく11月~3月いっぱいは普通に購入できると思います。

3月上旬、北海道羽幌産の「真かすべ」は、100gあたり167円。タラやホッケなど他の魚と同じくらいの価格帯ですね。

この日は、煮つけにしていただきました。作り方は他に煮魚と同じです。鮮度が落ちるとアンモニア臭が強くなるので、しっかり湯引きしてから調理してください。

ヒレ部分の軟骨は、完全に全て食べられます。なので、この写真のカスベは、残すところは一切なかったです。

お値段的には、リーズナブルですが、キンメダイやキンキなどの高級魚にも負けない美味しさ。

ぜひ一度食べていただきたい逸品です。

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カスベの旨煮 8袋セット
価格:3960円(税込、送料別) (2019/3/14時点)

楽天で購入