チョウザメの魚肉は臭みがなくてウマい。燻製もあるし、お取り寄せもできる。

画像出典/ こっそり出版さんによる写真ACからの写真

チョウザメといえば誰もが思い浮かべるのは高級食材「キャビア」。キャビアはチョウザメの卵ですが、魚肉は食べられないの?と気になりますよね。

チョウザメは古代魚

チョウザメがサメの仲間ではないことは有名ですね。形がサメに似ているため名付けられたようですが、実際には硬骨魚類に属するチョウザメ目に分類されます。

約3億年前から姿を変えていないため、いわゆる古代魚の仲間とされています。また、非常に長生きで中には150年も生きたという記録もあります。

臭みが少なく淡泊な魚肉

タイやヒラメと同じく腎臓を持っていて老廃物は全て対外へ排出しているため、魚肉には臭みがなく淡泊な味わいです。

北海道の「びふか温泉」ではチョウザメ堪能プラン

北海道の北部「美深町」の「びふか温泉」では、チョウザメの刺身や蒸し物、もちろんキャビアも堪能できる宿泊プランがあります。

温泉の宿泊プランにまでなっているのですから、それは間違いなく美味しいのでしょう。

www.hotpepper.jp

お取り寄せしてみよう

美味しいことが確認できましたので、安心してお取り寄せできますね。

燻製は非常に美味らしい

前述の「びふか温泉」がある美深町でも、チョウザメの燻製を商品化したようですよ。2020年3月から「道の駅 びふか」で販売されているとのことです。




食べログ評価3.5「俺のフレンチ」をご自宅で【俺のEC】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする